遠赤外線はスローライフのキーワードにとどまらず

遠赤外線の効果が面白い

友人からヘアスタイリング用品で遠赤外線を使うことによってその効果が高くて人にも優しいものがあるというので、遠赤外線の事を少し調べました。

遠赤外線は光と同じエネルギー線のひとつ、つまり電磁波です。遠赤外線というとパネルヒーターに使われたりと優しい暖房器具に使われてる例が一般的です。かく言う私も、夢暖房というメーカーの遠赤外線ヒーターを持っています。優しい暖かさで空気を汚さないので重宝しています。確かにいいものだな・・・という程度で、遠赤外線がいったいどんなものかは気になっていませんでした。ところが、この遠赤外線はたんぱく質や脂肪、糖質など生体高分子に当てると、分子の振動エネルギーとして分子に吸収され、その物質自体を発熱させるのです。ストーブで暖めるのと変わらなく受け止められがちですが、飛んで行った遠赤外線はほぼ百パーセント生体に吸収されるのだそうで、もし生体物質にエネルギーを熱で与えようとするとロスや均一な加熱というのが難しく、目的の物質に熱をしっかり与えるためにどうしても大きな熱を加えなくてはならなくなります。この大きな熱がたんぱく質の変性のような形で成体にダメージを与えることがありますので、遠赤外線を使うというのは変性を避けつつ生体にエネルギーを与える良い方法だと言えるのです。

知人は、髪の毛に熱的なダメージを与えずにアイロンをかけられることを言っていましたが、なるほど通っている接骨院でもこれににた赤外線治療器具で肩を温めていました。

ただ、遠赤外線は皮膚に当たる場合奥深いところには届かずに熱に変換されると言います。着衣も遠赤外線を吸収してしまいますので、遠赤外線を当てるときは肌に直接当てるのが正しいと考えられます。

となると、遠赤外線を直接疲れた筋肉に当てるのは暖まって気持ち良いかもしれない。と考えました。

遠赤外線パネルヒーターを注文しましたので、実際に髪の毛を乾かしたり、疲れた部分に当ててみたいなと思います。リポートは別記事で・・・。

別記事にする前に、翌朝のフィーリングリポートです。!遠赤外線ヒーターパネルを立てて、その前に寝転がり髪の毛を乾かしました。頭頂部が遠赤外線を浴びてさらりと乾きました。後頭部は濡れたままだったので、自然乾燥。翌朝、頭頂部の櫛通りが全然スムースで引っかかりません。

これは、きちんと継続して使ってみないと分かりませんが、期待できそうです。

-遠赤外線はスローライフのキーワードにとどまらず

Copyright© 実験・体験・納得のゆうらくチョイス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.