中高周波EMS

高周波EMSで五十肩 深部の筋肉をほぐす

ゆうらくチョイスではこれまで高周波EMSを筋力アップやメタボ対策目的で試してきました。
筋力アップで腹部に高周波EMSをあてるとお腹に筋肉がつき触るとえっ?と思うほど固くなります。この効果は誰にでも実感できます。しかしながら、贅肉はとれませんので、こぶこぶの腹筋は贅肉の下に隠れたままです。メタボにも直接的には効きません。現在は背筋中心に3日おきくらいに家庭機を使っています。

高周波EMSを知るきっかけとなったのは接骨院の壁に貼ってあった宣伝です。高周波EMSでコアトレーニング、メタボ対策をうたったものでした。この筋肉のコアを鍛えるというトレーニングに使っていたのがフロイデの業務用機でした。もともと、接骨院に通い始めたのは膝の痛みと五十肩の治療のためでした。五十肩の治療にはまだ通い続けていて、担当整体師のひとも長くかかる事に負けずに頑張ってくれていますが、ふとEMSを肩の筋肉をほぐすのに使えないかと思いました。もちろんここに至るまで、いろいろな筋肉に整体的にアプローチしてもらっていてその効果は少しずつですが上がっていて五十肩ももう少しで解消するような気がします。でも、最後の詰めがなかなか進まないでいたのでEMSを試すことにしました。

問題なのはパッドをどこに貼るか?

接骨院でながく治療を続けている内に、悪さをしているのがどの筋肉かが絞られてきていました。大胸筋と三角筋、さらには肩関節の中の方にある筋肉も関わっているようだと言われています。これ以外に腸腰筋も指圧して緩めてもらっているのですが、EMSは肩関節重点でかけて行こうと考えました。ここで注意なのですが、ATミニという微弱電流を出す電子治療器があるのですが、その関連ページに五十肩の治療に電子治療器を用いると却って五十肩を悪化させるとの記述がありました。筋肉トレーニングモードで使うのは止めておこうと思いましたので、EMSはビューティモードまたはウォーミングモードで使いました。

僕が当てたのは上の図のようなポイントですが、特に鎖骨の下のA、ここは押すと痛気持ちよい場所ですが、こことB、ここは通常痛みの出る場所です。この当て方がどんな人にも効く場所とは限りません。長く接骨院に通ってようやく絞り込んできた悪さしている筋肉を緩める指圧点と思います。

実は、今までもあちこち試してきているのですが・・・このAとBと肩の峰のC、パッドは4枚なので、もう一カ所は適当にDに貼って昨日通電したのですが、劇的に効いています。即腕が後ろに回るようになって後ろに腕を回すストレッチが出来るようになりました。回復に向かってかなり前進できたように感じました。

一応、フロイデの家庭機のリンクを下に張っておきます。結構高いので購入する場合はよく考えて買ってくださいね。でも、僕は買って良かったと思っています。腹筋と背筋は腰痛を消し姿勢を良くしてくれます。自分の体のケアには欠かせません。

-中高周波EMS

Copyright© 実験・体験・納得のゆうらくチョイス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.