メタバリア(サラシア抽出物系)を試しています。

腸内環境を改善しようといろいろな事を試みています。

以前の記事

ただ、腸内細菌叢を検便で調べてもらうのはなかなか高価なので、自分なりの効果の見方として、便の状態を観察することで腸内細菌の状態を推察という方法をとっています。目指すところはビフィズス菌が多めに定着している腸内細菌叢なのですが、コマーシャルで言われているように生きたままビフィズス菌を腸に届けても定着には至らないという難しさがあるようです。ビフィズス菌優勢の細菌叢を作ることができると臭いが少ないバナナのような便が出るという事で、それを目指しています。

実はバナナのような便になったことが実際にありまして、そのときは大人のカルピスの大量摂取+オリゴ糖の摂取という組み合わせを試していたのですが、カルピスには液糖が含まれいて大量摂取には適していないこともあり一端中止ののち、再度同じことをしてもバナナ便の状態が再現できなかったという経過があります。それ以来、バナナはやってきていません。

この間、アレルケアやロイテリ菌などを試してきましたがなかなかバナナに至らず、少し間をおいて現在は、サラシア抽出物を含むメタバリア(実はメタボリック状態の改善が最終目的です)を試しています。サラシア抽出物を含むサプリメントなどは多くの製品が売られていて迷うところですがいちばん最初に目についたメタバリアを試しています。

まず最初にお試し二週間分を注文し試飲しました。二週間飲み続けてバナナに至ったかというと至りませんでした。基本的に腸に働きかけるサプリメントは飲む人の体質によって結果も変わるので、私の結果がそのまま誰にでも得られるというものではありません。しかし、多くの口コミにもあるように、私の場合は飲むことで便が軟便となり(人によっては腹痛を伴う下痢となるケースもあるようです)我慢しきれなくなりそうな便意をともなった排便となりました。私は毎朝便通がある方ですが、その時間帯には強めの便意が起こりました。お試し二週間中は朝食前と夕食後に各4錠ずつ飲んでいました。色は黄色っぽくなることはありましたが以前のような明らかな黄色ではありません。とにかく軟便です。臭いは良くなりました。具体的には、便からの臭いに酪酸のような(酪農的な)臭いが弱いながらも混ざるようになりました。それ悪い臭いじゃないかと言われるかもしれませんが、酪酸的なということは短鎖脂肪酸の臭いという事、短鎖脂肪酸はビフィズス菌などの善玉菌が作り出すものと言われています。これはバナナにつながるのではないかという期待を持ったわけです。

という事で、二週間のメタバリア試飲後すこし間を置きました。すると軟便はたちどころに解消。メタバリアが便の状態を変えていることが示唆されます。この間にメタバリア定期コースを注文し、飲み始めたのが3月12日、翌朝から発射的便意です。口コミを見ると、この下痢的変調でメタバリアを止めるケースが多くあるように思いましたが、便の状態を変えることが再現できるので、飲む量を変えることにしました。朝と昼食前に3錠としました。依然やわらかめですが便ははっきりした形状となり短鎖脂肪酸の臭いが出ています。

加えて、加齢によって私もお腹が出てきてしまい困っていましたが、メタバリア後の腹部の張り加減がすこし良くなったと感じています。実際に腸内環境が整う事も大切ですが、このお腹がなんとか凹んでくれないかとも思います。

メタバリア購入はこちら


240錠でおおむね30日分です。

腸の働きを整えるのに炭酸水が有効?

これまで、腸内フローラを整えることでメタボを解消しようといろいろな方法を試してきました(記事一覧。乳酸菌を摂る方法やカルピスを飲んだり、ラクトフェリンやオリゴ糖を飲んだりしましたが、どれもが腸内環境を変える効果があり便の状態も変わります。若いころはねっとりした切れの悪い便で悩んでいましたが、おかげで今は気持ちよい便通で生活できています。カイテキオリゴは今も続けています。また、メタバリアは現在長期お試し中です。

日本一選ばれているウワサのオリゴ糖

強炭酸水を飲んでみた

それに対して、腸内フローラを整えようという試みとはまったく別に、髪の毛をさらさらにしようという試みの中で強炭酸水を試すことをはじめていました。強炭酸水といっても、実のところはお酒を割るために売られているものです。セブンの強炭酸水とVOXストレートの二種を試しました。もともと弱酸性の水はアストリンゼンなどと呼ばれ化粧水に用いられていました。これを風呂に入ったとき、洗髪後に湯船で温めておいて頭からゆっくりかぶります。天然の縮毛などが治るとかいう事ではないのですが、髪の毛のまとわりつく感じがなくなりさらりとします。乾燥すると櫛通りも良くシルキーになるのです(個人差があるかと思います。また、髪の毛にワックスとかシリコン、パラペンなどが垢のようにこびりついている髪の毛にはこのような効果はありません。洗髪するときは必ずシリコンパラペンのないシャンプーが必要です。僕の場合は余計な混ぜ物は排除したいので石けんで髪を洗っています。その後に強炭酸水。中二日あけても効果は続いているように思います。ちょっと、本題から外れました。で、その炭酸水をまとめて買って置いたら風呂上りになんだか飲みたくなって飲んでしまいました。なかなか美味しいのど越しです。という訳でなんとなく癖になってしまいました。頭にかぶるより飲んだ本数の方が多くなっています。そして、気が付いてみると、便通がかなり違う感じになってきていました。臭いと色のどちらもが良い方向に変化しています。黄色く硫黄臭の少ない便になったのです。しかも、ここ一週間くらい様子を見ていますが、ほかのサプリなどのように元に戻ってしまうという事がありません。気になるのが、ほぼ同時に取り始めたメタバリアという腸内環境メタボ対策食品の効果です。いまの効果が崩れてしまう事が嫌なので、どちらかを止めてどうなるかはまだ試せないなあ~。

VOXストレート

 

 

ロイテリ菌の効果 摂取17日目

1月19日にロイテリ菌を取り始めてから、軟便となるという効果がすぐに表れていましたが、残念ながら臭いと色に改善は見られません。宣伝文句には、まず10日続けてみるようにありましたが、お腹が緩くなる以外の変化はないということになります。

このお腹が緩くなった理由はロイテリ菌以外の要素ではないかと思っています。というのも、僕のお腹ははキシリトールやスクラロースなどの還元糖と呼ばれるものを一定の量摂取するとお腹が緩くなる体質だからです。キシリトールはたくさん食べると必ず激しい下痢に襲われます。じつは一昨日、効果があまり見られないのでロイテリタブレットの摂取量を一時的に倍に増やしたのですが、それが良くなかったのでしょう、随分と激しい下痢に見舞われました。

スクラロースはアブナイ甘味料か?

ところで、還元糖の事を調べていたら、ネット上には随分とスクラロースの構造が有機塩素化合物として危ないものだというような話がネット上に見られました。僕はスクラロースの危険性については黒だとも白だともいうつもりはありませんけれど、ベンゼン環に塩素が付いてるのは確かに危ないと思うのですが、六単糖の六員環に塩素が付いてるのが直ちに危ないとは考えません。これを似通っているから危ないというのはちょっと性急な結論ではないかな~と思います。

むしろ精製糖である砂糖(ショ糖)が習慣性のある毒なのではないかという言い方の是非を議論した方が、人類の健康のためにはいいのではないかと思っています。

ロイテリ菌はどうするか

で、バイオガイアのロイテリですね。もう少し飲み続けてみようと思っています。これで現時点では「カイテキオリゴ」と「ロイテリ」を摂取していることになります。狙っているのは、腸内細菌の新たな定着につながらないかという事に絞って考えて行こうと思っています。

以下のリンクは実験・体験ではありませんが、ネットウインドウショッピングできればと用意しました。

YOOX.COM(ユークス) ベルメゾンネット ベルメゾンネット