今年の食べ納め、東信州の奇跡、東御モモカさんへ

2018.12.28今年の食べ納めに長野県東御市のモモカさんに行ってきました。

今回はヘルシーに振ってあるコースでしたが、その中から二皿をご紹介します。

一皿目は、キクイモのポタージュ。血糖値を下げてくれるというキクイモですが、それだけでもたおやかな風味溢れているのですが、今日はトリュフもうかべてありました。

キクイモのスープ、トリュフをうかべて。

続いて、今年は大根が豊作だったとかで、いろいろ考えられたようで、今日のはなんと麦わらの燻製仕立てです。麦わらの香りたっぷり。それに加えてフキノトウのソースを纏わせて、アナゴのベニエが載せられています。このフキノトウのソースですが、とても個性が強いのですが、麦わらの香りとのコンビネーションが素晴らしく麦わら×フキノトウが多くの人から絶賛されているようです。僕も凄いなと思いました。このようなスペシャリテ溢れるヒトサラがモモカさんのシェフの持ち味で、食べる人に驚きと大きな幸福感を与えてくれるのです。ミラクル!

ここでしか食べられない!

ちなみに、お正月のコースも年明けに供されます。楽しみ!

立科町のりんごは美味しいです。

山小屋のある立科町は林檎の産地です。青森の林檎も美味しいですが、浅間山の火山灰由来の土壌は果物を育てるにはとても良い環境のようで、東信州千曲川沿いは農産物の宝庫です。ブドウつくりも盛んで、多様で豊かな美味しい農作物畜産物に溢れています。

もちろんりんごも美味しいです。東京からもそう遠くはありません。足を運んで新鮮な山の幸を食べられる事はこの上ない幸せです。