4駆ってこんなに滑ったっけ?

今日は今年一番の寒気が押し寄せているというのに、女神湖@立科に来ています。標高1650mは北海道並みの寒さです。昨日の午後走ってきたときはまだ道路の雪は少なかったのですが、今朝起きてみるとしっかり木々も粉砂糖のような雪をまとっています。昨日くるときに思ったのですが、僕の車2004年製のBMW X3(E83)なんですが、山小屋に上る途中のヘアピン上の上り坂であまりアクセルを空けていないのにずるずる滑っておりました。これフルタイム四輪駆動だったよな~。そういえば去年も雪道でコーナリングするときに結構外に膨らんでいく傾向が(ドライの通常スピードではまったくありませんが)あったよな~と思い出しました。結構この車の四輪駆動システムは雪道には合ってないのかもしれないなと思った次第。

積もってしまった今日は山をいったん下りなくてはいけないんですが、大丈夫かねえ。

車の乗り換えは止めとこう

税金の安さに目がどうしてもいってしまい、車を軽自動車に乗り換える算段を進めようとしていたのですが、どうやら自宅の屋根と外壁の塗装が待ったなしで必要なようで、貯金の行き先はそちらに変更となりそうです。というわけで、クルコンを使ってのらくらくドライブの夢も消えました。でも、X3君には本当にそれ以外の問題は感じないので、まだまだ大切に乗っていきたいです。実は車というのは、乗り換えるとお金を必ず食います。それを直して乗り続けるのと比べると、かなり安い車に乗り換えても高くつくのが実際のところだと思います。車は出来るだけ乗り換えないのが安上がりの道です。

軽自動車に乗り換えるか迷ってる~。

元々横幅が太めの僕なので、軽は窮屈だし、今は古い輸入中古車に乗っていてそれでなかなか上質なクルマに乗ることができているので、良いのですが、古いが故にあと10年は保たないし、軽との維持費の差額は10年単位で見積もると、ここで新車の軽自動車に乗り換えても、今のまま買い換えずに行くのと同じくらいの維持費で軽自動車を買うお金が出てしまいます。これは悩ましい~。特に、軽自動車の常識を変えてしまった、ホンダのboxがクルーズコントロールまで付いているので、気持ちがぐらぐら。これは、多分オースチンミニのような名車でしょう。買うのが賢明な選択だと思います。が、今のBMWのX3に乗る度に、ホント素晴らしいはしりっぷり、一体BMWX3が何をしたのかョ!って言われてるような気がします。税金が高くなければ、このまま行けるところまで行くのが一番かなとも思う反面、BMWにクルーズコントロールがあったらこんなにぐらぐらこないのになあと溜め息も出てしまいます。

ホント、悩んでいます!